武藤 昌也 (MUTO Masaya) 准教授

MasayaMuto

主な担当科目

流体力学・地域環境調査実習

専門分野

流体工学・燃焼工学

研究テーマ

・環境負荷物質の低減に関する研究
・微粉炭の燃焼現象に関する研究
・身の回りの流体抵抗低減に関する研究

所属学会

日本機械学会・日本燃焼学会・可視化情報学会・APS DFD

主な研究業績

・Roy, R., Muto, M., Kurose, R. (2017): Direct numerical simulation of ignition of syngas (H2/CO) mixtures with temperature and composition stratifications relevant to HCCI conditions, International Journal of Hydrogen Energy, Vol.42, pp.26152-26161.
・Muto, M., Yuasa, K., Kurose, R. (2017): Numerical simulation of ignition in pulverized coal combustion with detailed chemical reaction mechanism, Fuel, Vol.190, pp.136-144.
・Muto, M., Tanno, K., Kurose, R. (2016): A DNS Study on Effect of Coal Particle Swelling due to Devolatilization on Pulverized Coal Jet Flame, Fuel, Vol.184, pp.749-752.

学生へのメッセージ

地球環境の保護や保全と、エネルギーの高効率利用や低環境負荷化とは密接に関係しています。一方、エネルギーを扱う際には流体工学、燃焼工学、エネルギー工学などが相互に関係する物理現象の理解が必要になります。当研究室では、環境とエネルギーに関連する現象を物理的に解明することを目指しています。

E-mail

mutom@meijo-u.ac.jp