教員紹介 (Information on Professor)

 

名城大学理工学部((Faculty of Science &Technology, Meijo University)
境創造学科 (Dept. of Environment Science and Technology)
教授 (Professor)


かき つば   なおし
垣鍔 直(Naoshi Kakitsuba)

 

職歴(Personal history) 研究業績 (Research publication history)


職歴(Personal history)

年月日

所属

昭和57年 4月
(1982.41983.9)

University of Hawaii School of Medicine Dept. of Physiology postdoctoral fellow (研究員)

昭和58年10
(1983.101984.9)

National Research Council Postdoctoral fellowU.S.A, Connecticut, New Groton U.S. Submarine Base Biomedical Research Center 勤務)

昭和59年10

(1984.101987.7)

Canada, British Columbia, Simon Fraser University Dept. of Kinesiology research fellow (研究員及び講師)

昭和62年 8月
(1987.81992.12)

人間工学研究所・所長 (Research Consultancy)

平成 5年 1月
(1993.11996.3)

国立豊田工業高等専門学校建築学科・助教授
(Associate Professor Toyota College of Technology)

平成 8年 4月
(1996.41999.3)

国立豊田工業高等専門学校建築学科・教授
(Professor Toyota College of Technology)

平成11年 4月
(1999.42004.9)

足利工業大学建築学科・教授
(Professor Ashikaga Institute of Technology)

平成1610月〜 (2004.10)

名城大学理工学部環境創造学科・教授
(Professor School of Science and Technology, Meijo University)

所属学会 (Affiliation):


●日本建築学会
  Architectural Institute of Japan (http://www.aij.or.jp/)
●人間-生活環境系学会
 
The Society of Human-Environment System (http://www.jhes-jp.com/jp/)
●日本生理人類学会
  Japan Society of Physiological Anthropology (http://jspa.net/)
●日本生気象学会
 
Japanese Society of Biometeorology (http://www.med.shimane-u.ac.jp/assoc-jpnbiomet/index.html)
●日本人間工学会
  Japan Society of Ergonomics (http://www.ergonomics.jp/admission.html)
●照明学会
 
The Illuminating Engineering Institute of Japan (http://www.ieij.or.jp/)
●空気調和衛生工学会
 
The Society of Heating, Air-Conditioning, Sanitary Engineers of Japan
                           (http://www.shasej.org/)

American Meteorological Society (http://www.biometeorology.org/)


主な研究業績(Main research publication)

【著書・訳書 (Books)

題名

(Title)

発行年月
(Yr. Mon.)

出版社

(Publisher)

編集者

(Editors)

著者

(Authors)

高圧生理学

1988.2

朝倉書店

関邦博,坂本和義,山崎昌廣

秋葉 仁,大中忠渇,小沢浩二,垣鍔直,勝浦哲夫,川島真人 その他

身体の機能と構造計測マニュアル【翻訳本】

1994.11

文光堂

 

著者:E. W.Banister, I. B.
Mekjavic, R.C.  Asmundson
and R. Ward
訳者:垣鍔直,勝浦哲夫,山崎昌廣

使い易さの科学

1996.7

至文堂

佐藤方彦

佐藤方彦,板倉直明,岩永光一,梅村 守,宮野道雄,山岡俊樹,松田和也,不破輝彦,垣鍔 直,安河内朗 その他

人間科学計測ハンドブック

1996.10

技報堂出版

監修:佐藤方彦編集:角田聡     ほか

勝浦哲夫,垣鍔 直 ほか多数

健康管理と安全管理の手引き

1997.11

潟Nリ−ンシステム科学研究所

監修:東京美装興業葛Z術センタ−

垣鍔直,正田浩三

快適な温熱環境のメカニズム−豊かな生活空間をめざして

1997.12

)空気調和衛生工学会

()空気調和衛生工学会

西 安信,石井昭夫,田辺新一,堀越哲美,土川忠浩,蔵済美仁,垣鍔 直 その他

都市・建築空間の科学−環境心理生理からのアプロチ−

2002.10

技法堂出版

松原斎樹,土川忠浩,西名大介

松原斎樹,土川忠浩,西名大介,垣鍔 直 その他多数

ハウスクリマ-住居気候を考える1976-2002

2002.12

海青社

磯田憲生,久保博子,松原斎樹

磯田憲生,久保博子,松原斎樹,垣鍔 直 その他多数

気候風土に学ぶ−暮らしと健康の歳時記

2004.1

学生社

吉野正敏,福岡義之

加賀美雅弘,本間研一,松原齋樹,吉野正敏,垣鍔 直 その他

人間の許容限界辞典

2005.10

朝倉書店

関邦博,坂本和義,山崎昌廣

関 邦博,坂本和義,山崎昌廣,垣鍔 直 その他多数

新版 快適な温熱環境のメカニズム−豊かな生活空間をめざして

2006.3

()空気調和衛生工学会

()空気調和衛生工学会

西 安信,石井昭夫,田辺新一,堀越哲美,土川忠浩,蔵済美仁,垣鍔 直 その他

室内温熱環境測定基準・同解説−日本建築学会環境基準
AIJES-H002-2008

2008.3

丸善(株)

()日本建築学会

【本文】石井昭夫,大倉良司,垣鍔 直  その他多数
【解説】高田 暁,土川忠浩 
その他多数

建築環境工学

2009.4

学芸出版社

建築学テキスト編集委員会

堀越哲美,石井 仁,土川忠浩,蔵済美仁,宇野勇治,垣鍔 直 その他

からだの百科辞典

2009.9

丸善

佐藤方彦,
勝浦哲夫

佐藤方彦,勝浦哲夫,垣鍔 直 その他

からだと温度の辞典

2010.4

朝倉書店

監修:彼末一之
編集:永島計 その他

堀越哲美,土川忠浩,蔵済美仁,垣鍔 直 その他多数

生理人類学入門

2012.9

国際文献印刷社

編集:生理人類士認定委員会

勝浦哲夫,山崎和彦,垣鍔 直 その他多数

人間科学の百科事典

2015.1

丸善出版

日本生理人類学会編,編集:勝浦哲夫,

勝浦哲夫,垣鍔 直 ほか執筆者多数                         

 

【査読論文(Peer reviewed articles)

【高圧環境における温熱環境制御に関する研究 (Control of thermal environments in

 hyperbaric atmospheres)

題名

(Title)

著者名

(Authors)

年月

(Yr. Mon.)

雑誌名

(Journals)

高圧ヘリウム混合ガスの温熱環境に関する基礎的研究
垣鍔 直,吉田燐,中山英明

1981.7

日本建築学会論文報告集,305: pp.112 -121
Evaporative rate from skin surface in hyperbaric helium environments

N. Kakitsuba

1982.6

空気調和衛生工学会論文報告集, 19: pp.59-69
Influence of blood flow on cutaneous permeability to inert gas
Lin, Y. C., N. Kakitsuba, K. Watanabe and G. W. Mack

1984.8

Journal .Applied Physiology, 57: pp.1167-1172
Heat transfer from the human body in hyperthermic low gas-velocity environments
N. Kakitsuba and K. R. Bondi

1987.6

Aviat. Space Environ. Med., 58(3): pp.227-236
Effect of peripheral temperature on the formation of venous gas bubbles
I. B. Mekjavic and N. Kakitsuba 

1989.10

Undersea Biomed. Res., 16(5): pp.391-401
Thermal Problems in Hyperbaric Environmentsreview article

N. Kakitsuba

2009.6

Global Environmental

Research, 13(1): pp.15-19

 

【体温調節の基礎に関する研究(Fundamentals on thermal physiology)

題名

(Title)

著者名(Authors)

年月

(Yr. Mon.)

雑誌名

(Journals)

The role of shivering thermogenesis and total body insulation in core cooling rate
K. D. Middlemen, Mekjavic, I. B. and N. Kakitsuba

1987.4

Journal l of Physiological
Anthropology, 6(2):
pp.61-68
Determining the rate of body heat storage by incorporating body composition

N. Kakitsuba and  I. B. Mekjavic

1987.8

Aviat. Space Environ. Med., 58(4): pp.301-307

体組成を考慮した蓄熱量の算定と皮膚面からの放熱特性に関する実験的研究

垣鍔 直, 鈴木健次

1997.3

日本建築学会論文報告集
493: pp. 85-91

体表面積と形態係数に基づいた人体形状モデルの開発

鈴木健次,垣鍔 直

1999.1

日本建築学会計画系論文集, 515: pp.49-55

Individual Variability in the peripheral and central Interthreshold zones

N. Kakitsuba, I.B. Mekjavic, T. Katsuura

2007.6

Journal of Physiological

Anthropology, .26(3): pp.403-409

Individual Variability in the core interthreshold zone as related to body physique, somatotype, and physical constitution

N. Kakitsuba, I. B. Mekjavic and T. Katsuura

2009.11

Journal of Physiological Anthropology, .28(6): pp.275-281

* The effect of season and light intensity on the core threshold zone

N. Kakitsuba, I.B. Mekjavic and T. Katsuura

2011.7

Journal of Physiological Anthropology, 30(4): pp.161-167
Change in heat loss after light exercise and food intake
N. Kakitsuba, M. D. White

2011.11

Journal of the Human-Environment system, 14(1): pp.19-25
* The core interthreshold zone during exposure to red and blue light
N. Kakitsuba, I.B. Mekjavic and T. Katsuura

2013.4

Journal of Physiological Anthropology, 32/1/6
Effect of change in ambient temperature on core temperature during the daytime
N. Kakitsuba and M. D. White

2013.5

International Journal of Biometeorology, DOI 10.1007/s00484-013-0673-8
Physiological responses to changes in relative humidity under thermally neutral, warm and hot conditions
N. Kakitsuba

2016.7

Journal of Thermal Biology, 59, 8691

説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\Naoshi\Documents\名城大\研究室\HPcontents\v2_anim013.gif
Diurnal variation in the core Interthreshold zone and its relation to cutaneous sensation threshold zone

N. Kakitsuba, I.B. Mekjavic

2017.7

Journal of Physiological Anthropology, DOI: 10.1186/s40101-017-0141-y

* 照明に関する研究でもある(studies related to lighting environments

 

【照明・色彩環境に関する研究(Evaluation on lighting and color environments)

題名

(Title)

著者名

(Authors)

年月

(Yr. Mon.)

雑誌名

(Journals)

心理・生理反応から評価した好みの色温度と室の組み合わせに関する実験的研究その1.照度 が1,500ルクスの場合の好みの色温度の季節差

垣鍔 直,中村 肇,稲垣卓造,堀越哲美

2000.2

日本建築学会計画系論文集, 528: pp.67-73

心理・生理反応から評した好みの色温度と室温組み合わせに関する実験的研究 その2.照度が200ルクスの場合の好みの色温度の季節差

垣鍔 直, 茂吉雅典, 中村肇,稲垣卓造, 堀越哲美

2000.6

日本建築学会計画系論文集, 532: pp.87-92

気温が色温度の好ましさに及ぼす影響

中村 肇,垣鍔 直,沖允人

2000.9

日本建築学会計画系論文集, 535: pp.1-7

心理・生理反応から評した好みの色温度と室温組み合わせに関する実験的研究 その3.照度が1,500ルクスの場合の中年女性の好みの色温度の季節差

垣鍔 直, 室 恵子, 堀越哲美

2003.6

日本建築学会環境系論文集,568:  pp.77-81

Preferred color temperature at
200lx during exposure to cool or warm environments for
 middle-aged female subjects

M. Ishi and N. Kakitsuba

2003.7

Journal of the Human-

Environment System,
6(2): pp.93-99

好みの表面色の性差・季節差に関する実験的研究

垣鍔 直,大影佳史

2006.4

日本建築学会環境系論文集,602: pp.17-23
Effect of morning bright light after waking on the morning rise in core temperature

N. Kakitsuba S. Lee, T. Katsuura

2014.12

The Journal of the Illuminating Engineering Society of North America,  DOI :10.1080/15 502724 2014.981340
人工光環境に対する生理反応-性格特性との関連及び青色パルス光の非視覚的作用【総説】

勝浦哲夫,金 信琴,野崎翔太,内山友里亜,高崎良香,李スミン,下村義弘,垣鍔直

2015.2

日本整理人類学会誌,20(1)pp4-18
Comfortable indoor lighting conditions evaluated from psychological and physiological responses

N. Kakitsuba

2015.8

The Journal of the Illuminating Engineering Society of North America,  DOI :10.1080/15502724. 2015.1061945

 

【睡眠環境の評価に関する研究(Evaluation on thermal environment during sleep)

題名

(Title)

著者名

(Authors)

年月

(yr. mon.)

雑誌名

(Journals)

夏期の睡眠時の最適冷房環境に関する実験的研究

川島 庸,垣鍔 直

2004.12

人間と生活環境,11(1): pp.17-23
夏期の睡眠時における気流曝露の影響に関する実験的研究

川島 庸,垣鍔 直

2004.12

人間と生活環境,11(1): pp.25-30
体温のサーカデイアンリズムを考慮した夏期の睡眠時の温熱環境条件に関する評価

垣鍔 直,川島 庸

2010.8

日本生理人類学会和文誌,
15(3): pp.1-7

 

【着衣の熱的性能評価に関する研究(Evaluation on thermal properties of clothing)

題名

(Title)

著者名

(Authors)

年月

(yr. mon.)

雑誌名

(Journals)

Determination of clothing microenvironment volume
Sullivan, P.J., I.B. Mekjavic and N. Kakitsuba

1987.8

Ergonomics, 30(7): pp. 1043-1052
Clothing surface area as related to body volume and clothing microenvironment volume
Kakitsuba, N., H. Michna and I. B. Mekjavic

1987.8

Aviat. Space Environ. Med., 58: pp. 411-416
Ventilation index of helicopter pilot suits
Sullivan, P., J.,I. B. Mekjavic and N. Kakitsuba

1987.10

Ergonomics, 30(7): pp.1053-1061
Dynamic moisture permeation through clothing
N. Kakitsuba, H. Michna and I. B. Mekjavic

1988.6

Aviat. Space Environ. Med., 59: pp.49-53
着衣のゆるみ度が有効放射面積に及ぼす影響に関する研究
垣鍔 直, 鈴木健次,土川忠浩, 堀越哲美

1997.10

日本建築学会論文報告集
500: pp. 37 -41
着衣のゆとりが人体の有効放射面積と形態係数に及ぼす影響に関する研究1-青年女子被験者を用いた立位姿勢の場合
冨田明美,宮本征一,堀越哲美,垣鍔 直

2000.2

日本建築学会計画系論文集, 528: pp.37-42
着衣のゆとり度が人体の有効放射面積と形態係数に及ぼす影響に関する研究 2-成年男子被験者を用いた立位姿勢の場合
宮本征一,冨田明美, 堀越哲美,垣鍔 直

2001.1

日本建築学会計画系論文集, 539: pp.23-28
Investigation into clothing area factor of tight and loose fitting clothing in three different positions

N. Kakitsuba

2004.7

Journal of the Human-Environment System,
7(2): pp.76-81
Dynamic change in sweat rates and evaporation rates through clothing during hot exposure

N. Kakitsuba

2004.10

Journal of Thermal
Biology, 29: pp.739-742

 

【屋外環境及び生気象学に関する研究(Local climate & Biometeorology)

題名

(Title)

著者名

(Authors)

年月

(yr. mon.)

雑誌名

(Journals)

開発中の団地内気候に関する調査研究−1994年〜1998年における調査結果−
垣鍔 直,石橋龍吉,石橋外史

2003.9

日本生気象学会雑誌,
40 (2): pp.101-109

開発中の団地内環境に関する住民の意識調査−1994年〜1998年における調査結果−
垣鍔 直,石橋龍吉,石橋外史

2003.9

日本生気象学会雑誌,
40(2): pp.93-99
薄層屋上緑化ユニットの熱的性能に関する実験的研究
垣鍔 直,溝口忠,雨海誠一郎,石橋龍吉

2004.4

日本建築学会環境系論文集,578 : pp.79-84

暑がり・寒がりに関する調査研究

垣鍔 直,堀越哲美,勝浦哲夫

2004.4

日本生気象学会雑誌,40号 (特別号): pp.303-316
団地の微気候に及ぼす環境要因に関する調査研究
垣鍔 直,石橋龍吉,石橋外史

2005.10

日本生気象学会雑誌,
42(2): pp.77-83
微気候形成に及ぼす要因の分析に関する研究

垣鍔 直

2012.3

日本生気象学会雑誌,
49(1): pp.31-37

 

【環境管理に関する研究(Management of energy saving and building maintenance)

題名

(Title)

著者名

(Authors)

年月

(yr. mon.)

雑誌名

(Journals)

小規模オフィスビル内環境の評価方法に関する研究

垣鍔 直, 宇野勇治,正田浩三, 杖先寿里

1997.12

日本建築学会技術報告集
5: pp.189 -192

ビルメンテナンス業に従事する中高年就労者の心理的及び生理的負担の評価に関する研究

正田浩三,垣鍔 直,杖先寿里

1998.1

日本建築学会論文報告集,
503: pp. 61-68

ビル清掃業務に従事する中高年就労者の業務災害に関する調査

正田浩三,垣鍔 直,杖先寿里,清澤裕美

2003.6

日本建築学会環境系論文集,568: pp.89-94

人体からの浮遊粉塵・微生物発生量に関する研究

正田浩三,垣鍔 直,杖先寿里

2007.2

日本建築学会環境系論文集,61: pp.59-65

ビルの清掃作業による環境汚染に関する調査

正田浩三, 垣鍔 直, 杖先壽里

2008.6

人間と生活環境15(1): pp.15-19

大学のエネルギー管理に関する調査研究

山北康晃,垣鍔 直

2010.12

人間と生活環境,17(.2): pp.89-95

建築物の汚れ度と汚染度の関連性と汚染除去に関する研究

正田浩三, 垣鍔 直

2012.7

日本建築学会計画系論文集,77(677): pp.615-621

説明: 説明: 説明: 説明: C:\Users\Naoshi\Documents\名城大\研究室\HPcontents\v2_anim013.gif
建築物の室内清掃の品質評価指標確立についての検討

正田浩三, 垣鍔 直

2017.6

日本建築学会技術報告集,vol. 54pp.607612

 

【測定器の開発(Development of measurement devices)

題名

(Title)

著者名

(Authors)

年月

(yr. mon.)

雑誌名

(Journals)

Development of a new device to measure local heat exchange by evaporation and convection
N. Kakitsuba and T. Katsuura

1992.10

Aviat. Space Environ. Med., 63: pp.538-542
局所蒸汗量と局所発汗量の同時測定と局所蒸発熱伝達率算出法

垣鍔 直,勝浦哲夫

1994.10

日本建築学会計画系論文報告集, 464: pp. 65-70
Direct determination of evaporative heat transfer coefficient by the simultaneous measurement of local evaporation rate and sweat rate
N. Kakitsuba and T. Katsuura

1997.12

Journal of the Human-Environment System, 1(1): pp.93-97
Quantification of mental sweating using a flight simulator
I. Nakajima, H. Juzoji, N. Kakitsuba and M. Hata

2003.1

5th International Workshop on Enterprise Networking and Computing in Healthcare Industry,  Health COM 2003 Sponsored by IEEE, pp86-90

 

【その他(Significant others)

題名

(Title)

著者名

(Authors)

年月

(yr. mon.)

雑誌名

(Journals)

局所気泡浴の生理的効果に関する検討

垣鍔 直

1992.5

日本温泉気候物理医学会誌55(3): pp.165 -171
Identifications in the ganglia and neurotransmitters of giant neurons of an African giant snail
Takeuchi, H., .E. Sanos, G.J. Liu, Y. Atraki, W. Zhang, M. Emaduddin and N. Kakitsuba

1993.11

Selected papers of 2nd Malacological Convention, pp.62-84
Effects of enriched oxygen breathing on sleepiness after taking lunch
Katsuura,T.,  T. Tomioka, H. Harada Y. Kikuchi and N. Kakitsuba

1995.1

Selected papers of
Int. Symposium'93 on Design for Amenity, pp.291-296, Kitakyushu Univ. Press, Japan
前腕部を空気冷却した場合のリバウンドを誘発する冷却条件評価

垣鍔 直,中山英明

1996 .9

日本産業衛生学会誌, 38(5): pp.211-216
建築室内環境における熱的快適性の表現,評価に関する考察
堀越哲美,垣鍔直,土川忠浩,今井裕夫

1998.2

人間と生活環境, 5(.2): pp.139-146
我が国における高濃度酸素吸入の生理的効果に関する研究事例【総説】
垣鍔 直

2015.1

日本生気象学会雑誌,51(4)pp.1-9

* 別刷りなどをご要望の方は研究室までお問い合わせ下さい。

 

Topへ戻る