名古屋城水堀植生2次調査

 名古屋市環境局生物多様性企画室が中心となって実施している名古屋城水堀の植生調査に,本学科の齊藤准教授と研究室の学生が参加しています.
 現場では,堀の底に堆積した泥の採取や埋土種子を探す調査がおこなわれています.採取した柱状の堆積物(コアといいます)の花粉分析や年代測定により,名古屋城築城以降の植生変化の解明が期待されます.